必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

大波乱

米国弱気論から一夜明けて昨夜のNYダウ平均は332ドルの大幅高、しかもGOLDは一時1917ドルの高値を付けた後一瞬にして1830ドル台ですから、ちこちらは逆に大幅な下落となってきました。(笑)
ただまあこれで『すわGOLDは終わった、株が大反発する』などと思うわけにもいかず、むしろGOLDかプラチナの買い増しを考えており、問題は現実に買うタイミングとGOLDにするか、プラチナにするか、はたまたシルバーにするかで、どれにするかが悩むところです。
むろん今回の大本命はやはり通貨としての需要が出ているGOLDですが、現実に投機資金が動き出すとプラチナやシルバーの方が変動率は高い傾向があります。
また今回良いのは純粋にドル建て貴金属価格の急落であることで、為替はほぼ固定されたままですから、円建てでは相当安く買えます。


特にプラチナは現状の価格であれば、バブル相場などとは程遠く、チャートでみても安値圏であるとさえ言える状態ですから、日本人には買いやすいかもしれません。
実際昨日の日経夕刊のトップ記事に、日本がGOLDの純輸出国でしかも過去最高水準であると言う記事が載りました。
1-6月の実績で53.8トンと言いますから相当な量で、世界中が買っているGOLDを輸出するほど、日本ではGOLD投資には盛り上がりがありません。
たしかに今回の買いの主体である中国やインドの女性たちのように日本でGOLDを身に着けて歩くのは憚られる雰囲気があり、ギンギラギンのネックレスなど付けて歩くのは恥ずかしい感じです。
ただプラチナならどうでしょう?
行ったことがないので【本当】、確証はありませんが、キャバクラのおねーちゃん達10人に同じ重さのGOLDとプラチナのネックレスのどちらを欲しいか聞けば、10人が10人ともプラチナと答えそうな気がします。(笑)
今回の貴金属バブルは日本ではプラチナが先導するかもしれませんね。(^_^)

2 Comments

PBY元気小僧

ニイ ハオ。
平九郎サン。キャバクラ、一度ニ、10人モ!スゲーナ!   イケナイ人アルネ!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です