必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

仕手株相場?

昨日のNY市場はマサシク乱高下の真っ最中と言ったところで、昨日は423ドルの大幅高となりました。
まあ日本株が昨日後場からは日銀のETF買入れもあって、かなりの下値抵抗を見せ始めたこともあるかもしれませんが、今しばらくはこの調子が続きそうです。
しかしながら懸念の外国人売りはやはり、高水準で出始めており、8月第1週1-5日で2999億円の売り越しです。
震災で大きく買い越した外国人投資家ですが、株価的にはさほど買値と変わらなくても円高のお蔭で利益が出ている面があり、自国株が下がれば、比率の関係で自動的に売ってきます。
結局日本株も下がれば日銀の買い支え、上がれば外国人の売りと、上下を抑えられた相場が続くことになり、しばらくすれば値動きが小さくなってきます。


そうして時間経過と共に外部環境の変化を次第に織り込んでいきますが、残念ながら外部環境が良くなる兆しは正直ありません。
従って、時間経過と共にジリジリと外国人売りに押されるなかで、震災で大きく損失を被った信用の期日を迎えることになり、株価的には乱高下のあとはしばらくジリ貧と見てよいでしょう。
それでも超短期売買専門のトレーダーは沢山いますし、夏休みで、短期の個人投資家も動きが活発化しそうですから、平均株価の動きがなくなれば外国人売りの出ない中・小型株での個別物色は続きそうです。
所謂仕手株相場かもしれませんが、損切に慣れていない個人投資家が仕手株の高値をつかみ、その後切り遅れて大損するのもこんな時です。
短期売買を考えるときは、買う前にマズ損切りの値段を決めておきましょう。
さて昨日は注目していたデンヨーの四半期決算がでましたが、やはり増額修正ながら控えめで予想通りなのですが、株価位置だけが予想と大きく違います。(笑)
残念ながら予想は所詮予想であり、今後に期待するしかなさそうですが、外国人売りの出る銘柄でもありませんし、時間経過と共に尻上がりに良くなると思っているのでこちらは保有を続けるつもりです。(^_^)

2 Comments

PBY元気小僧

こんばんは。ヨーロッパで4カ国が空売り禁止しました。PIIGS向けに、どれだけ貸し込んでるか、金融機関のPIIGSむけ債権保有ランキングを、あるレポで見たんですが、、、、、。PIIGSに何かあった時には、とても助かる額ではなかったです。
ECBも、小さなギリシアだけでも、フラフラなのに、前途多難ですね。

返信する
heikurou

元気小僧さん
友人に空売り禁止で貴金属のヘッジ需要が増えるのではと言ったら、我田引水だと言われました。(笑)
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です