必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

生き延びる事が大事

昨日のNYダウ平均は一634ドル下げ、やはり今回の下げが尋常でないことを伺わせています。
しかし、どうも最近は暴落が多いようで、メモを始めてからもライブドアショック、リーマンショックとあり、今度の米国債格下げショックで早3度目です。
さてこうなると本日の日本市場は今日も売られて始まることは間違いなく、信用で買い下がり等やっていれば、即死する可能性が高いでしょう。
少し救いなのは債券相場は堅調だと言うことで、もし米国債が暴落していれば、この程度では収まりません。


ただそれも、「今はまだ」と言うしかなく、今後も米国債が堅調である保証はなく、それは軽々と1700ドル台に乗せてきたGOLDの暴騰に表れています。
即ちこの暴落が乱発される通貨への不安であることがはっきりしていることで、しかも当面解決の方法が見当たらず、通貨への不安が原因なら何れ、国債価格にも反映されることは必然ですから警戒をせざるを得ません。
まあ目先的な反発ならバーナンキの何らかの発言が期待できますが、今はまだ早いでしょう。
くどい様に何度も繰り返しますが、今回の下げを甘く見ないほうが良いです。
特に外国人の買いが続いていた優良株ほど今後売られる可能性が強く、売りが長く続く可能性が強いです。
短期で損を切ることが出来ない信用投資家はこんな時に資産を全てなくす事が多く、株に手を出すなの家訓が出来るのもこんな時です。(笑)
投資家は投資家として生き延びることが最大の使命なのです。(>_<) PS.ロンドンで理由の良くわからない若者の暴動が起きています
暴動は略奪・放火を伴う悪質なもので、世界的に広がりそうな嫌な匂いを放っており、注意が必要です。

4 Comments

PBY元気小僧

こんにちは。本当にきな臭いですね。
世界大恐慌を回避するため、ECBも腹を、くくったようですね。インフレ政策。
平九郎さんのおっしゃるとうり、国債が買いまくられたのが救いです。トリプル安なら、ちびってたところです。今日5分割のうち2回目の買いを入れましたが、日本株は今回買ってません。
金の上げは、これからの世界を表してるようにも見えますね。

返信する
heikurou

元気小僧さん
そろそろ値幅では届いた感のあるものも出始めていますが、今回の下げはスピードが速すぎたため投げ遅れた信用投資家が多いです。
信用を投げ終われば一度は反発しますが、外人売の保有がない株でも本格上昇には日柄が必要で、今しばらく、戻りは鈍そうです。
ロンドンの暴動が気になります。

返信する
まるまるまるた

世界級ライフスタイルのつくり方(http://www.ladolcevita.jp/b…)というブログで、ロンドンの暴動の様子を書かれています。
ご参考まで。

返信する
heikurou

まるまるまるたさん
情報ありがとうございます。
ブログの中にも日本で起きないことが不思議とありましたが、今回のロンドンの暴動は海を越えて飛び火する可能性があります。
今の世の中は若者のエネルギーのはけ口がなさすぎるのだと思えます。
成長を取り戻すには、国が積み重ねた借金の棒引きが必要になってきた気がしてなりません。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です