必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

陰謀??

休み中NY市場でGOLD先物の価格が、史上初めて1600ドル台に乗せてきました。
日本では同時進行中の円高のお蔭でさほど騰がっていませんが、それでも保有するGOLDETFはそれなりにプラスで、しかも連休明けのNYダウ平均は94ドル安ですから、今回のGOLDはヘッジとしては優れているといえるでしょう。
なにより嬉しいのは流動性で、株と動きが逆になることが多いうえに、世界商品ゆえに何時でも換金可能なGOLDは非常に便利と言えます。
さて連日テレビや雑誌を賑わせている電力不足ですが、ここで急速に電力会社陰謀説が広がっています。


連日の猛暑が伝えられているにも関わらず、電気予報で見る電力需給は余裕があり、しかも法的に電力使用制限令の出ている東電管区から、制限令の出ていない関電管区に電力を送るなどと言う話も出始めている為、国民に疑念が出始めているわけです。
ただこれは些か電力会社が可愛そうと言うもので、別に嘘を言っているわけではなく、予想が難しい最高使用電力(ピーク電力)に対する余裕を見込むが故に通常は結構な余裕が生じるわけです。
しかも今回のように台風でもくれば気温が下がり電気の使用量は一気に減りますから、電力には余裕が生じ、『電力不足は原発を動かしたいが故の電力会社陰謀説』を広めます。
その上、最高指導者である菅首相が「この夏は節電で乗り切れる見通しが立った」と言った発言をしていますから、国民に「な~んだ大丈夫なんだ!!」といった雰囲気が広まるのは致し方がありません。
しかし、現実に電力が不足しているのはやはり事実で、特に関西電力は当てにしていた大飯原発1号基が故障で止まり当分再稼働が不可能となり、加えて22日までにあと2基の稼働中の原発が止まります。
それでも比較的余裕があると言われていたお隣の中国電力からの融通電力で夏場は凌ぐつもりでしたが、18日中国電力の出力100万KWの三隅火力発電所1号機が故障で停止してしまいました。(>_<)
三隅1号機の再稼働には2~4週間掛かると言われていますから、月末までは故障したままの可能性が強く、これだと関西電力の供給は本当に綱渡りで、関東と同じ電力使用制限令を出すか、気温が上がらないのを祈るしかありませんが、通常台風一過は気温は急上昇します。
関西地区は台風明けの来週月曜25日に、電力使用制限令を出すと予想しておきます。(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です