必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

作戦成功??

話題の再生可能エネルギー法案が国会審議入りしました。
何かと取沙汰される法案で、あまりに拙速だけに平九郎的には現状では裁決すべきではないと思っていますが、スルスルと国会を通過し、成立しそうな気がします。
理由は管総理が言っていた「俺の顔が見たくないならこの法案を通せ作戦」が成功しそうだと思えるからです。(ー_ー)!!
管総理が周囲の離反をよそに総理の椅子にしがみ付いているのは単に、自分が総理であった痕跡を残したいからで、それを残すには退陣のメドと言われる3法案の打ち、再生可能エネルギー法案が最適です。
また管総理に今引導を渡せる人物は民主党にも野党にもいないと思っていますが、ただ一人直ぐにも総理を引退させられるのが伸子夫人です。
その伸子夫人がお忍びで東北の被災地を訪問し、現地被災者から管総理の批判が飛び出したという報道がありますから、総理への批判が強いのは伸子夫人から管総理に伝わっています。
またその伸子夫人は『菅が総理の内に何か一つ後世に残る法案を作らせたい』との思いがあると言われていますから、やはり総理も辞めるタイミングを計っているのでしょう。


そうなれば、管総理にとってすれば本来なら一番大事な公債特例法案など誰がやっても同じで、再生可能エネルギー法案さえ通ればあっさり退陣を了承しそうです。
こうなるとまさしく総理の顔を見たくないが為に急ぐ必要もないだけを法案を通すことになりますが、どうもこんなバカなことが起きそうな気がしてなりません。
平九郎に政治力学のようなものは分かりませんから、人間模様からみてこんな予想しておりますが、しかしこんなバカな予想は当たってほしくはありません。(>_<) ただ、菅総理が退陣すれば後は野田財務大臣が次の総理になると思っていますが、これは余りに地味ですが意外と収まりはよく、野田氏で決まれば、しばらく落ち着いた政治情勢が続くと思っています。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です