必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

QE3は・・

昨日のNYダウ平均はバーナンキ議長の議会証言がQE3を匂わすものと、一時150ドル近く急伸したものの、次第に値を消し、大引けでは44ドル高と平凡な上げ幅に落ち着きました。
そんななかGOLDは素直に急進し、ドル建ての史上最高根を突破し、先物価格は1580ドルを付けて来ました。
此方も理由はやはりQE3への期待だと思われ、際限のない通貨の増刷が通貨価値を押し下げ始めていると見てよいでしょう。
ただGOLDの価値を歴史的に考えた時、金貨1枚の価値はどうも人間一人が1ヶ月暮らせる金額になっている気がしています。


それで考えれば今の1オンス1580ドルは円なら13万円弱ですから、まあ高卒初任給と同じ程度でさほどGOLDの価値が高いとは思えません。
これだと1人金貨1枚の単純計算で、一家4人が暮らしていくとしたら年間1.5キロ近いGOLDが必要になるわけで、老後を考えたら、貯めておく場所を考えるだけで大変です。(笑)
むろん銀行(金行?)に預ければ良いわけですが、元をたどればGOLDの預かり書が通貨ですから、振り出しに戻ることになります。(笑)
結局今使わないGOLD(資産)を別の何で持つかが資金運用であり、平九郎の場合はそれが節電のLED関連や、発電機メーカーだと言うことです。
今日も朝から暑い日差しが差し込んでいます。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です