必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

まさかここまで酷いとは・・

玄海原発の再稼働が完全に不可能になり、今後の日本に暗雲が漂っています。
原因は既に報道されているように原発解散を狙う管首相の裏切りで、経産大臣による地元説得後のストレステスト導入です。
既に玄海町の町長は再開を了承し、佐賀県知事も首相が来て依頼すれば、動かす気十分だったにも関わらず、直前で経産大臣の再稼働要請事体を総理が撤回した訳ですから、地元はたまりません。
総理の支持を受け原子力安全委員会は、保安院にテストの評価手法や実施計画を1週間以内に作るように指示したようですが、まともにストレステストをやるなら、福島事故の原因究明が終わり、津波や地震の新たな知見およびヒューマンエラーの制御を盛り込んだ指針を作り、それらに元づいたストレステストを行うのが筋ですが、それだと実施するまで5年くらいかかりそうです。


ただ管総理がそんなことまで考えたとも思えず、適当な指針で適当なストレステストをする気でしょうが、今回自分が任命した経産大臣をいとも簡単に裏切っていますから、役人も慎重にならざるを得ず、保安院もストレステストを行うなら安全院が新指針を出せと突っぱねかねません。
まあ現状では先を見通すのは不可能ですが、日本の原子力行政の行方はまさしく混沌としてきました。
さて昨日のNYダウ平均は56ドル上昇しましたが、ポルトガル国債は格下げで急落し、中国は今年3度目の利上げを行っています。
また昨日も書きましたが、日本は今日が7月オプションの取引最終日で、先物によるショートカバーが終わり、株価は下げやすくなります。
そこへ今回の原発ドタバタ劇で、日本の長期的電力不足が鮮明化しつつあるわけです。
大胆に予想すれば日経平均は今日を境に、中期的低迷に入ると思っています。(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です