必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

風見中

コメント欄で佐賀県知事は原発の再稼働へ向けてセレモニーを熟しているだけではないか!の意見を頂きました。
確かに、佐賀県知事は原発を動かしたいのは事実だと思います。
ただ、大臣の訪問を受けた後、再稼働に向けて積極的な発言はしても明確化しないのは、市町レベルでの原発再稼働の了承が議会や県民に与える影響を見ているわけです。
しかし、頼んだ海江田大臣は福島第一のハイパーレスキューによる注水作業のおり、「命令を聞かなければ処分する」発言をしたとされ、次の選挙では議員の座も危ないと思われる大臣で、しかも任命内閣は既に死に体です。
また次に説得に乗り出すかもしれない管総理にしても再稼働を依頼しながらも反原発は明確で、訪問して依頼するかも怪しいです。


すなわち死に体内閣の閣僚の依頼を聞いて恩を売ってもメリットはありませんし、しかも九電は火力発電の燃料調達が出来たため、電力はギリギリ足りており、未だに節電要請すら出していません。
従って知事にしても議会や県民の声で決める以外はないのですが、現状では再稼働を望む声は間違いなく少数派で、再稼働の動きが出たとなれば、原発反対派により蜂の巣を突いた騒ぎになる可能性すらあります。
今の知事にそれらを押し切って再稼働を容認するだけの政治的意思や、インセンティブがあるとは到底思えません。
平九郎は原発容認派と言ってよく、事故対策をしっかりやり、安全性の確認が取れれば、何れは原発を動かした方が良いと思っています。
ただ再稼働するにしても福島事故の原因究明を終わらせ、ヒューマンエラー等に対する対策も取ってからにするべきで、今すぐ動かすのはやはり賛成できません。
しかしながら福島の事故処理が終わり、事故の原因究明が終了し、対策が出せれば、来年夏には何基かが稼働する可能性はありますし、産業と雇用を考えたら動かした方が良いでしょう。
それまでの期間、しばらくは我慢するしかないと思っていますが、大事なのは最大消費時のピークカットで寝苦しい夜は遠慮なくエアコンを使った方が良いです。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です