必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

信任後

ギリシャのパパンドレウ首相が信任され、不透明感が薄ぐと続伸していた株式市場ですが、昨日のNYは材料出尽くし感もあり、80ドルあまり反落しました。
ただ考えてみれば、議会に信任されたと言っても日本の管首相でも、不信任が否決されたと言うことは信任されたわけですから、ギリシャにしても首相の信任が安定につながると考えるのは早すぎます。
また菅首相は『第3次補正案は新体制の下で行う』と国会延長を決めましたが、首相からすれば刀を持って追い回す、岡田氏や仙石氏などを切り捨てる内閣改造をやり、新体制と言い張る腹でしょう。(ー_ー)!!
そんな中、注目のGOLDが1550ドルを超えてきました。


ギリシャのパパンドレウ氏の信任を、素直に混乱の終息へ向かうと見るならGOLDは売られるはずですから、世の中には疑り深い人が多いようです。(笑)
ただ円高はまだ続いており、GOLD価格も円建てで見ればさして上がっているとも言えず、次は為替の動きに注目しています。
震災直後は貿易収支が悪化するのは仕方がないので、貿易赤字が2ケ月続いても円相場は織り込み済みで大きく動くことはありませんでした。
ただこの後の電力不足や、マイコン等の部品不足よる生産減を、外国人投資家がすべて織り込んでいるとは思えません。
しかも原発停止に対応するために、化石燃料の輸入は今後急増するのは明らかですし、また先日書いたデンヨーが販売する発電機のような輸入も急増しています。
従って貿易収支の改善は6月以降も思うに任せず、次第に円高への疑念が出てくると思っています。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です