必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

バランス

昨日九州電力が正式に、15%節電の要請を出してきました
理由として大きいとしているのは原発停止による発電能力の不足よりも、火力発電用の燃料の不足を挙げており、問題が火力発電所の能力だけでないことを示しています。
これは正直言えば私も見落としており、原油や、LNGは国際マーケットで買えると思っていたのですが、どうもスポットで買うことを念頭に置いていないかのような発言で、まだ事情が良くわかりません。
ただ例え原油やLNGを買えたとしても、輸送するためのタンカーやLNG船等の船や、貯蔵タンク等の施設が不足すると言うのは分かり、そしてこれは関西電力や、他の電力会社も同じでしょう。


こうなると例え発電所の能力があったとしても、燃料不足で火力発電所も動かなくなる可能性まで出てきました。
まあ比較的小型のディーゼルエンジンなら燃料が軽油ですから、此方の事情は分かりませんが軽油も不足気味になることは事実でしょうから、やはり此処は九州電力や、東電管区だけでなく、日本全体で15%節電するほうが公平感があります。
第一、電力不足で医療用の電力すら確保できず病院が手術も出来ない中で、生活保護を受けながらやるパチンコで電力が消費されているのでは国民感情的にもマズイでしょうし、第一自分が病気になった時が心配です。
九州電力の動きを見て、6月までには日本全国で15%の節電目標が出てくると考えています。(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です