必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

買占め・・

閣僚でもないカダフィー大佐の息子が行った「偉そうな演説」が火に油を注ぐ形となり、今日は既にカダフィー大佐の国外脱出報道まで出始めました。
しかも、政権側は外人部隊を使って、国民を空爆しているなどと言う話を聞くと、完全に内戦状態で、もう沈静化は期待できないでしょう。
また困ったことに、着地点が一向に見えてこず、寧ろさらなる混乱拡大の様相を呈しており、中東全体が蜂の巣を突いたような状態です。
さてこれ等を反映して、WTI先物相場も昨日は95ドル台へ急騰していますが、もうすぐ春ですし、在庫量も豊富なだけに今回はこの急騰が続くとは思えません。
第一、原油やガスなどは貯蔵するためのコストが高く、しかも既存のタンカーや、タンクが一杯になれば、その後は猛烈な高コストになりますから、高値を維持するのも限界があります。
ただし、穀物は、家庭でも簡単に貯蔵できますし、今後の天候要因によっては更なる急騰もありえます。
しかもココまで中東の混乱が続くと、国内物価高騰を恐れる中国当局による国際市場での大豆などの穀物買占めが予想されますから、商品市場の今後の焦点は穀物や貴金属に移ると思っています。
また中東の混乱が中国までに広がるとは思っていませんが、玉突き的に投資への影響は大きくなりそうです。(~~)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です