必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ファンド化進む

注目を集めていた、ソロスや、ポールソンのGOLDポジションが継続であった事や、中国でGOLDファンドが初認可となったことを受け、金価格が上昇しています。
特に注目すべきは下記の報道で、中国でも金のファンド化が進んでいることです。
以下ロイター
【中国の諾安基金管理、当局から国内初の金ファンド設立の承認取得】
30 11 2010 – 16:07
[上海 29日 ロイター] 中国の資産運用大手、諾安基金管理(ライオン・ファンド・マネジメント)は29日、中国証券監督管理委員会(CSRC)から、同国初となる金ファンド設立の承認を取得したことを明らかにした。インフレ懸念が金需要を押し上げていることが背景にある。
 新ファンドの名称は「ライオン・グローバル・ゴールド・ファンド」で、適格国内機関投資家(QDII)制度に基づき、金相場に裏付けられた海外の上場投資信託(ETF)に投資する。
  海外の金市場への投資手段がない中国の個人投資家の間では、インフレ懸念による金相場高騰を受けて、金貨や金塊を競って買う動きが出ており、国内資産運用会社は、金ファンド設立を急いでいる。
 易方達基金管理(Eファンド・マネジメント)も、QDII制度の下での金ファンド設立を計画しており、当局の承認を待っている。
以上
ファンド化が進むと言う事は、今までとはまるで違う投資環境が生まれているのです。
注目していた、ガス開発の決算が余りの経営者のやる気の無さに、一部純金信託に乗り換えました。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です