必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

政治の地震

世界中の注目を集めていたエジプトのムバラク大統領が、とうとう辞任しました。
最も辞任といっても、辞任発表を行ったのは副大統領だったそうですから、周囲に「引きずり降ろされた」というのが真相でしょう。
さてこうなるの周辺の独裁国家にはドミノ式に民主化要求が強まるのは当然で、イラクの例から言っても中東の混乱は続きそうです。
しかし、まあ日本に居れば、中東で多少の混乱が生じても、直ぐに生活に影響が出るわけではありませんが、投資の世界は結構な影響が出始めています。
それは、新興国ブームに乗って発売された、エジプトファンドや、アフリカファンド等がエジプト証券市場の閉鎖で解約不能に陥っているようなのです。
まあエジプトだけなら、騒ぎが収まれば、証券市場も取引が回復するでしょうが、周辺諸国へも騒ぎが広がるなら、ファンドの基準価格は壊滅的な打撃を受けそうです。
安定的に見えた独裁政権もネットによる情報化により、瞬時に政治的激震に見舞われます。
新興国投資には政治的な見極めが最も重要です。(><)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です