必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

バブルの芽

世界的な景気回復を囃す中、債券やGOLDが売られ、株式相場は堅調です。
そんな中、本日の日経に世界トップクラスの運用会社である、ブラックロックの作ったゴールドファンドと、天然資源ファンドの一面広告が載りました。
まあ、GOLDや、資源ファンドと言っても、関連した株に投資する株式ファンドですが、例によって手数料はバカ高く、とても買う気になる代物ではありません。
しかし、ブラックロックが資源関連のファンドで一面広告を打つというのは、それだけ自信があることでもあり、資源関連株への先回り買いが入る可能性が出ています。
近年のバブルは、まず第一弾のファンドが出て、そのファンドの成績が良かったことを確認してから、サルマネファンドが続々と続くため、タイムラグからバブル化することが多いのです。
2000年のネットバブルがそうでしたし、ある意味、リートからスタートした不動産関連株バブルも一緒でしょう。
またバブルの芽が育ち始めていると思っています。
ジョージ・ソロスが言っていますが「バブルを見つけたらまず自分が乗る」ことです。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です