必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

増加中

インドなど新興国の利上げが続く中、国内株式市場では信用取引の残高の増加が急ピッチです。
東京証券取引所が発表した21日現在の3市場買い残高は1兆5659億円と急増しています。
まあ水準自体はそれほど高いものではないので、それほどの警戒が必要だとも思えませんが、今回裁定残が一足早く、2兆円の大台に乗せているため、此方の方が気になります。
両方とも残高が増えること事体は別に悪材ではありませんが、残が増えれば悪材に反応し易くなることは確かです。
最もこんな場合の株の天井は好材で打つ事が多いので、両残の増加は横目で気にしながら行くとしましょう。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です