必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

行き過ぎ・・

クリスマスの終わりと同時に中国が2度目の利上げを決定しました。
当然インフレの抑制を狙ったものですが、最近の穀物価格の世界的上昇を考えれば、この利上げだけでインフレを抑制するのは難しいでしょうから、遠からず、次の利上げも行われそうです。
しかしながら金融先進国でも難しい金融政策を、新興の中国が完璧に出来ることを信じるには大きな無理がありますから、今回の政策結果が極端へぶれる可能性が高いです。
今回世界経済を牽引したのは中国でしたから、今後の景気を占うのも中国の動向を注視すべきでしょう。
また、今回の利上げで、中国は今まで以上に投機資金を呼び込む可能性を抱える訳ですが、この余剰資金を吸収する為の下準備が国営銀行によるGOLD販売の強化という側面があります。
無論金利の上昇はGOLDの価格にとっては最大のマイナス要因ですが、買う人の数で勝負する中国のGOLD投資にとっては、大きなマイナスになるとは思えないのです。
なんと言っても中国は国策として、GOLDの備蓄を企んでいると考えられるだけに、本格展開が始まる来年は面白いことになると思えるのです。
たぶん此方も行き過ぎとなる可能性が強いですね。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です