必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

反転?

悪い事ばかりがシャワーのように降り注ぐ日が続く中、市役所から茶封筒が届きました。(><)
正直中を見るのが恐かったのですが、勇気を出して開封すると、なかには『平成22年度固定資産税の賦課額更正について』とあります。
ん?と思って中を読めば、要は固定資産税の計算が間違っていたので、取りすぎた固定資産税を返すと書いてあるのです。(^O^)
まあ還付金額は1200円と小額なのですが、悪い事ばかり続いた身としては、これで、悪い事も終わりそうな予感がして来ました。(笑)
さて今日12月13日は四季報新春号の発売日です。
個人投資家は、直近で信用の整理が終わり手が空いている状態のため、今回の四季報の影響は大きいと思われます。
なかでも今回真っ先に見たいのが、DOWAホールディングス(旧同和鉱)や、アサヒHD、松田産業等の資源回収業を営んでいる業種です。
先週末の日経に載った、政府が進めるレアメタル再利用制度の対象として人気が付きそうだと思うとからですが、GOLD高騰の恩恵を受ける業種だからでもあります。
さて今回も活字の大きい、四季報卓上版を買ってコタツでゆっくり読むとしましょう。(^^)
PS.注目の四季報予想はDOWAホールディング以外はパットしないので、すこし軌道修正しました。
なかなか思う通りにはイキマセンね!!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です