必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

大誤算

北朝鮮による砲撃事件から1日たち、事件の内容が分かってくると今回の最大の問題である、民間人2名の死亡は北朝鮮の意図したところではなかったと思えるようになりました。
これは民間人2名の遺体が、韓国の海兵隊官舎の新築工事現場で見つかったという事が判ったからですが、これなら、北朝鮮は軍人が居住していない建設中の施設にたいする砲撃を行ったところ、『たまたまそこにいた民間人が死亡した』だけということにもなります。
無論他に軍人2名の死亡や怪我人も出ていますが、北朝鮮の意図が上記なら民間人への無差別攻撃とは全く意味が異なってくる事から、事態は単に互いの威嚇レベルだけで収束に向かうはずだったでしょう。
ただやはり、全てのことに誤算はつき物で、民間人が死亡し、米国大統領の怒りを買ったことで、北朝鮮は計算に大きな狂いが出たのだと思います。
なんと言っても、米国を本当に怒らせれば、衛星による所在確認を通じた、無人機のよるミサイル攻撃を24時間受け続けることになりますから、フセインのように地べたに穴でも掘って隠れる以外はなくなります。
しかも28日からは、黄海上で米空母を交えた演習が始まるとあっては、心中穏やかではありえませんから、今頃は事態収束へ向け必死に走っていると見るのがはるかに自然です。
ただ今日相場の上値を買うのは昨日カラ売りをした連中だけでしょうし、28日から始まる空母を交えた米韓軍事演習や、欧州の状況を考えれば、上値を追うのも無理があります。
まあ今日は短期のツッコミを買った分を外して様子をみるしかなさそうです。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です