必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

レアアースは小惑星から?

昨日の相場は、欧米とも急落し、つられてGOLDも急落していますが、これはまあ想定の範囲内というところですが、そんななか、日経で一つ気になる記事を見つけました。
レアアース輸出で中国 「日本向けが5割」という記事なのですが、
気になるのは記事の最後の部分です。
なぜかといえば、そこには『レアアースの輸出制限の目的は環境保護と資源枯渇の防止』とうたっているからで、尖閣問題と関連づけたかの日本的認識とは明らかに違いがあるからです。
無論それはタダの口実だろうとかんぐる事は可能ですが、輸出許可枠の減少が7月だったと知れば、9月の衝突事件より2ヶ月も前ですから、これは環境保護はともかく「資源枯渇防止=売り惜しみ」と言うことでしょう。
これは元を辿れば1992年の南巡講和で鄧小平が言ったとされる
「中東有石油、中国有稀土」(中東に石油あり、中国にレアアースあり)
に起源を持つと思えるだけに中国は本気と考える必要がありそうです。
第一必死に溜め込んだ外貨準備であるドル紙幣が、見る間に希薄化していく様を見ていれば、バランス的に国内資源保護を考えるのは自然なことです。
また記事には『来年も輸出許可を減らす事を示唆している』とあり、レアアースの輸出削減が一過性のものでない事を示しています。
資源の争奪戦はマダマダ続くと考えます。
ところで今晩はしし座流星群のピークだといいます。
昼間は雨模様ですが、午後からは止みそうで3億キロ離れた小惑星イトカワの物質を持ち帰ったハヤブサを称えながら、たまには空を見上げるとしましょう。(^^)
寒いのが嫌な人は此方(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です