必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

風が吹く

昨日パソコンの電源を切ってから友人から、携帯にメールがあり、フェイスの増額修正を知りました。(^^)
着メロの落ち込みが無くなって来た事が大きいでしょうが、直接の原因はやはりウェブマネーの急進です。
無料ゲームのテレビ宣伝等が効いてきたのだと思えますが、無料ゲームはゲームは無料でも中で使う武器や、釣竿等のアイテムに課金する仕組みになっていることから、ゲームに強いウェブマネーの躍進に繋がっているようです。
まあこれが『風が吹いて来た!』くと言うことで、先行しすぎる感があったフェイスの戦略にやっと時代が追いついてきたと言って良いでしょうし、平澤氏なら『俺はこれを待っていたのだ!!』と叫ぶことでしょう。(笑)
しかしながら、フェイスの主軸であるはずの『コンテンツのネット普及の促進』はイマイチ成果が見えてきていません。
辞めて行った創業メンバー達に笑われないよう、主軸部分での平澤氏の奮起を期待します。
そしてもう1つ注目のGOLDは46ドルの爆発高をしており、新高値を付け、これで此方も新局面に入ったと思われます。(^^)

8 Comments

heikurou

hideさん
今年病気で辞めたはずの踊君は直ぐ他のネット系企業の社長に就任していますから、平澤氏がコンテンツのネット流通の普及に失敗すれば、彼に笑われるだけですね。
ま、ビルゲイツも、スティーブジョブズも部下に評判が良かった訳ではありませんから、独断専行が悪いわけではなく、全ては結果です。
平澤君はこれからは利益を出すことで周囲をねじ伏せる必要が出ていると思っています。

返信する
oyuki

hideさんがおっしゃるとおり、コンテンツがうまくいけば鬼に金棒なんですけどね。
子会社であるフェイスワンダーワークスもぐらついているようですから、暴走しなければいいのですが。

返信する
heikurou

oyukiさん
コメントありがとうございます。
フェイスワンダーワークスのグラつきとは具体的に何を指しているのでしょうか?
差支えが無かったら教えて下さい。
平九郎

返信する
oyuki

歴代の社長を見ても、踊氏→吉田氏(どういう経路で就任したのかの詳細は知りませんが)→小清水氏という芸風は統一性がありません。
現社長の小清水氏はBtoBに強い方ですが、BtoCは初めてだと思いますので良くも悪くも注目してます。
また、最近の事業内容を見ても、CM、映画、ポケットスペース、映像アプリetc、最近ますますFAITHカラー(平澤色)が強くなってきているので、社員も迷走中と聞いています。

返信する
heikurou

oyukiさん
社長の変遷は多分『他に人材が居ない』と言う、物理的な問題だと思っています。
これも平澤氏が非効率な会社買収をするばかりで、人材への投資を怠ってきたツケでしょうが、幸いな事に、今回の事態は平澤氏にフェイスの人材不足を切実に実感させるでしょう。
平澤氏がフェイスを中小企業だと認識すれば、方向性も自ずから明らかになるのだと思います。
平九郎

返信する
omi

ご無沙汰しています。
平澤社長は、そこそこキレモノかもしれません。
WEBマネーは、ある意味、WEB上の独占的銀行ですから、Tポイントやその他ポイントというweb貨幣が5-10年後には、主流になっていると思います。
ジム・ロジャース?も数十年後には、貨幣は無くなるって言っていたような気がします。
実際、自分も、今は極力ケイタイでedyチャージして、カードで決済して、現金は、ほとんど使いません。
ただ、一番オイシイのは、コンテンツ流通の仕組みを抑えることなんでけどね。。

返信する
oyuki

フェイスさんの株主総会はいかがでしたか?
最近、イベントスペースも作られたようで。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です