必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

伊豆の宣伝(^^)

平九郎の住む伊豆の国市は、旧伊豆長岡町・大仁長・韮山町が合併して出来た市ですが、やはり全国的に有名なのは温泉街の旧伊豆長岡町です。
しかし、最近は社内旅行の減少と供に、伊豆の温泉旅館は廃れ気味で廃業する旅館が増えており、しかも全国的な傾向として、日帰り温泉施設が急増したため、温泉も日帰りで済ます人が増え、旅館の退潮に拍車をかけています。
ただ、住んでいる人間にとっては、結構住み易いところで、気候は温暖で、当然温泉は彼方此方にあります。
しかも、公営の温泉が多く、旧伊豆長岡町だけでもタダの足湯が5箇所、300円で入れる銭湯・公営温泉が合計4箇所ありますから、これからの季節は温泉に行く事が多くなります。
また朝6時30分からやっている温泉もあり、東京辺りの徹夜明けの人間が車を飛ばして朝風呂に入りに来る事も可能です。(笑)
富士も雪化粧が始まり、伊豆はこれから良い季節になります。
ただし、ネットで高評価を貰っている旅館が必ずしも良いとは思えないので、伊豆に旅行計画のある人は平九郎に一声かけていただければ知っている限りお教えします。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です