必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

国際協調

昨日のNY市場は中国の利上げが影響して、165ドルの大幅な下げになり、このところ急騰続きだったGOLDも40ドル近く下げるなど、大波乱でした。
まあ23年前に比べれば、穏やかなものですが、それでも当時を思い出す人も多く、市場には緊張感が走ります。
ここでの焦点は22日から開かれるG20(20ヶ国・地域 財務相・中央銀行総裁会議)で、この会議でリーマンショック以来の国際協調体制を維持できるか否かですが、まあ終了後の声明は大体「協調維持を前面に出したそれなりのもの」が出るのが常です。(笑)
問題はその声明に現実味があるか否かですが、これはもうマーケットが判断するとしか言えません。
最近は、国際協調体制が崩れ始めていると感じる事が多いのですが、この最大の原因は米国大統領オバマ氏の支持率低下にあると思っており、目前に迫った米中間選挙で、民主党の勢力が削がれると、混乱が拡大する可能性を感じています。
影響力が鈍ってきたとは言え、米国の政治が揺れる時、世界は不安定になります。
まあ当面はあまり無理をしない事ですね。(^^)
PS.ただし、GOLDの今回の下げは絶好の買い場の可能性が強いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です