必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

間が悪い男

チリの落盤事故で地下に閉じ込められた33人が全員無事に救出され、現地にいる人間は全員喜びに包まれていましたが、一人「21番目に救出された男」だけが浮かない顔だったのが印象的でした。(笑)
さて救出劇はハッピーエンドに終わり、世界中の目が再び以前の懸案事項に移り始めると、日本では再び円が高値を更新してきました。
欧州市場で、1ドル=80.88を付けたあとは少し円安に戻していますが、これで終わった感はなく、やはり焦点は1995年4月19日に付けた79.75円を更新するかでしょうし、今回はドル安の側面が強いため、各国の為替介入の行方です。
こうなると、日本が大規模介入を繰り返しすると、通貨安戦争を開始した戦犯として米国から強い非難を浴びるため、政府の言っていた「断固たる措置をとる」が相当怪しくなってきていますから、この円高は政権の「腹」が試されることにもなります。
ハタシテ、現日本政府は、チリの落盤事故で最後に救出され、統率力抜群と世界中で賞賛された現場監督を上回ることが出来るか、それとも21番目に救出された「間の悪い男」になるのかが問題でが、どうも後者になりそうな予感が・・・(笑)
サテサテ、日本政府の出方は如何に!!(^^)

2 Comments

石川

 2週間ほど旅に出ており資金的な追加が出来ず、本日やっと関東天然瓦斯開発を買いませました。
 旅行中に東京12チャンネルのワールドビジネスサテライトでヨウ素の価値いについて紹介されました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/w
 またノーベル賞で話題のカップリング技術で立命館大学がヨウ素を触媒に使った研究成果を発表しています。
http://www.ritsumei.jp/news
 株価が上がらなかったので、やっと本日買いませました。
 東京電力にしても価値のある企業の株価が前向きな増資の結果暴落するのは、なんとも情けない限りだと思いますが、価値ある企業の株が下がれば、せっかくのチャンスなので安く買わせていただきじっくり耐えていくしかないと、最近は日々の資産額の増減には鈍感になるよう努力をしています(苦笑)

返信する
heikurou

石川さん
情報ありがとうございます。
折角ですので、表で紹介しておきました。(^^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です