必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

上司の言葉

チリ落盤事故の作業員救出が順調に進み、今日朝6時現在で、23人が救出されましたから、このまま行けば日本時間今日の夕方には、全員の救出が終わりそうです。^^
今回の救出劇も、落盤当時の僅かな食料で食いつないだ17日間、家に帰ることを諦めなかった作業員達の気力がもたらしたもので、やはり人間諦めないことが大事ですね。(^^)
さてそんな中、FRBの国債追加買い入れの報を受けて、注目のGOLDが昨日再び急騰しました。
マーケットは所謂「輪転機をフルに回す」状態に入ったと判断したのでしょうが、この上昇はまだ本格的なものだとは思っていません。
なぜなら、どうもまだ大衆が動いていると見えないからで、今の上げはやはり投機筋の買いの結果だと思えるのです。
従って、依然残っている円高圧力の最終局面と、投機筋の利食い売りが重なれば、円建てのGOLGが急落する可能性は残されています。
その時がGOLDの最高の買い場だと思うのですが、ただ最近無理にGOLDを買う必要を感じなくなりました。
なぜなら、既に業績が安定的で、利回り4%以上の株が結構出始めているからで、これなら無理に「働かないGOLD」を買う必要が無くなってきたからです。
以前平九郎の上司が相場を考える上で言った、心に残った言葉が一つあります。
それは、
「安値どうしの株の乗換えは良いが、安値の株を売って高値の株を買うのは止せ」
というものです。
今だったら、業績が安定的で、利回り4%越えの株を売って、GOLDへ投資するのがそれに当たると思えます。
以前も書きましたが、GOLDはそこに在るだけで、働きませんから、長く持つならやはり働く株だと思えるのです。(^^)

2 Comments

heikurou

まいさん
どうも今後は21番目の男という言葉が彼方此方で聞かれそうです。
しかし、愛人にお迎えのキスをされる彼の顔が複雑そうで忘れられません。(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です