必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

国力

尖閣諸島で逮捕した船長の釈放問題が、彼方此方で議論を引き起こしています。
とくに、釈放したあとの中国の賠償要求には、日本中が怒りまくっていると言うのが現実でしょう。
ただ問題はその怒りが中国に対してなのか、それとも日本政府に対してなのかが分かれていることではないでしょうか?
今回、政府の圧力で検察が動いたと言う見方に異を唱える人は殆どいないでしょうが、これの最大の問題はだれも責任を取らない仕組みで釈放した事だと思います。
これにより、今回の釈放事件が国民に受け入れられない事であっても是正される機会が持てないわけですから、これは由々しき事態です。
平九郎は今回の事件で、日・中どちらが正しいなどと言う議論は不毛だと思っています。
元々国家間の紛争など、どちらが正しいなどと言う事はないのです。
あるのは
どちらが強いか!!
 
だけです。
国を強くする必要を今ほど感じる事はありません。
正義とは力があって始めて成り立つのです。(><)

4 Comments

いっせいのよし

弱い日本を強くしましょう。
もう、日本に草食隊などいらない。
(どっかで聞いたような)
懇親会よろしくです。
懇親会  16:45より
参加費  5,000円です。
場所 鮪小屋↓
http://r.gnavi.co.jp/n114400/

返信する
七つの海

 どうもこんばんは。
 尖閣の件ですが、最悪の場合、中国から日本への資源などの輸入は止められ、日本から中国への輸出は韓国などに切り替えられ、中国にいる日本人はいいがかりにより逮捕され、中国に進出している日本企業はやはりいいがかりにより資産を接収され、日本と中国は国交を断絶する、などという事態をも日本人の大半が覚悟できなければ、日本政府としては譲歩するよりほかないと思います。
 なんと言っても、反日で独裁体制の中国ですから。

返信する
heikurou

いっせいのよしさん
アップしておきました。
参加人数はまたメールしてください。(^^)
平九郎

返信する
heikurou

七つの海さん
現状では日本人の覚悟はまだ無いとしか言えません。
ただ、今回の事件は日本人の自覚を促すには良いタイミングだったかもしれませんね。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です