必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

価値観

昨日は朝の予想に反し、平均株価は小幅安だったものの、フェイスを含めた手持ち株は皆高く、またNY市場でFRBの金融緩和示唆でドル建てGOLDが1290台まで急騰したものの、為替が急速に円高にブレ、円建てでは帳消しになったと、喜ぶべきか、悲しむべきか、良く解らない相場でした。(笑)、
そんな昨日、衝撃的だったのは、郵便不正料金事件に絡んだ捜査で、最高検による特捜検事の検察証拠資料の捏造事件が発覚しました。
これは、最高検による、身内の特捜主任検事の逮捕ですから、事実として疑りようもなく、本人も認めているようです。
これはまるで、以前イトマン事件の田中弁護士の書いた『反転 闇社会の守護神と呼ばれて』そのままの最初にシナリオありきの捜査が繰り広げられていたことになり、此方も身内をも逮捕した、最高検の健全を喜ぶべきか、特捜の堕落を悲しむべきか良く解りません。(笑)
またこのニュースを聞いて、かつて特捜操作を受けたホリエモン氏が、六本木のマンションで、喜んでいるのか、地団駄を踏んでいるのかも良く解りません。^^
さてこのように世の中のことは良く解らない事ばかりなのですが、解らないとばかり言っていると動けなくなってしいますので、人は解ったような顔をして前に進みます。
一方11月、12月はヘッジファンドの決算が集中しており、解約にあたり45日前に通告するルールが適用されれば、既に解約売りは相当出ていると思って良いでしょう。
最近の電力株の急落もまず、ファンドの解約売りだと思えるだけに、売りが止れば、戻りも早いと思っていますが、これも止ったのか、終わったのかまだ誰にも解りません。
かように世の中は解らない事だらけだけに、結局は、自分の価値判断に従う以外になく、解ったような顔をして、前に進む訳ですが、所詮投資とは、『自身の価値判断の具現化』だと思っています。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です