必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

何時まで?

昨日のNY市場は、全米経済研究所が、07年12月に始まった景気後退が09年6月には終わっているとの判定を示したことから、145ドル高で終わりました。
為替も介入が功を奏し、85円台後半で安定していることから、今週の東京株式市場は上値への挑戦局面が予想されます。
また来週9月27日(月)が決算物の権利つき最終で、中間配当の出る銘柄も多い出るため、上昇機運が出ていると見れば売り物が引っ込む可能性も強く、今週は強い戻りも期待できそうです。
しかしながらこんな時に限って休日が多く、今週は23日(木)も秋分の日で祝日のため、営業日が3日しかなく、すこし寂しい気分でもあります。(笑)
10月に成れば、また激しい円高の可能性も強いと思っているだけに、束の間の宴を楽しむのが正解だと思っていますが、今回少し違うなと感じているのが、株と同時にGOLDも強いことです。
市場が景気回復が始まったと判断しているなら、GOLDは急落するはずですから、市場の判断もあくまで「後退の終了」だけで、回復までは考えていない事になります。
問題は「後退は終了」しても、「低迷」が続いていることですから、浮かれすぎることも危険でしょうが、今週中はセイゼイ浮かれてみようと思っています。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です