必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

金に何が起きているのか

永田町や、霞が関の元住人ほど金を買いたがる。退職金を円では持ちたがらない。

上記書き出しで始まるワールド・ゴールドカウンシルの豊島さんが、9月9日に日経から出版した『金に何が起きているのか』を読んでみました。
近所の本屋では売っていなかったので、隣町の大きな本屋へ出かけて買ったのですが、発売まもないわりには残り1冊で、発売2日めで2刷りが決まったというのも頷けます。
内容は彼のブログを読んでいる人なら殆ど知っている感も有りますし、構成もすこし変な感じですが、彼ならでは知りえない事実が書かれているので許せます。
1600円+税の本代は投資家としての情報料金と考えれば、納得がいく本と言えるでしょうが、全くのGOLD初心者には、前半がすこし辛いかもしれません。
そして、ワザワザメモで書評を書いているのは、アジア地区での金の第一人者とも言える豊島氏の本の売れ行きが、金ブームの始まりを占ってくれると思っているからでもあります。
ただまあ、冒頭に書いた最初の1行がこの本の殆ど全て、と言っても良いかも知れない本です。(笑)
あとは、最初のペンギンが海に飛び込むのを確認するだけですね。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です