必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

日経調査

日経がネット調査会社のマクロミルを使って、金投資に関心があるかを調査したところ、興味深い結果がでました。
結果は
関心があり、既に投資している ⇒9%
関心があるがまだ投資していない⇒48%
関心がない          ⇒43%
だったそうです。
興味を引いたのは、関心がある層や、既に購入している層の数字よりも、関心が無いと答えた人で、その理由の8割が、カネがないか、投資に関心がないと答えているからです。
この調査は別に投資家を対象にしている訳ではありませんから当然ですが、関心がないと答えた人のなかに価格への不安や、金利が付かないことを理由に挙げた人間は約2割と僅かです。
従って関心がないのは、カネが無いか、元々投資に関係が無い人が殆どで、ネットを使っていて、投資に関心のある層の約9割の人間は、GOLDに何らかの関心抱いていることになるからです。
そして金に関心を向ける最大の理由として日経は、民主党代表選で話題となっている消費税を上げています。
これは、『GOLDを買う時は消費税がかかるが、売る時も原則消費税を上乗せした価格で地金商が買い取ってくれる。』からです。
これは以前FUJIYAMAでも話したことがあるのですが、消費税5%の時に買って、10%になった時売れば5%値上がりしたと同じ事になるという理屈です。
調査結果を見てやはり、『GOLDは日本でバブル化する』は当たると思っています。(^^)

2 Comments

astra

こんばんは。
ひとつ前の記事ですが、私も同じことを思いました。
自分がもし今の金融資産を全部銀行に預けていて、株式投資や金投資はまだしていないとしたならば、どう行動するか・・・。
そしてまた、もし自分が証券会社の社員、それもある程度商品企画を立案し実行する立場だったら、今回の日本初のペイオフ実施をどう自社の利益に結びつけるか・・・。
いろいろ想像がわきますね。
もっとも、もし金バブルが日本で起こったとして(ついでに株の局所的ミニバブルも、もしかして起こったとして)梯子がいつはずれるか、よーく見ていかないと大変ですから、自分も十分注意はしますが、平九郎さんもブログ継続してくださいね(笑)
(追記)株式投資を始める少し前に木村剛氏の著書を読んで、なるほどと思った経験があるものですから、今回の事件、というか事案は感慨深いです。

返信する
heikurou

astraさま
ブログ応援ありがとうございます。
天井圏は十分予想かのうだと思うのですが、天井の直前が一番美味しいだけに逃げ切れるかどうかの自信はありません。(笑)
豊島さんのブログによく雰囲気がでていると思いますが、日本の機関投資家の投資は、まず言い訳を作るところから始まります。
まずは、顧客向けの積み立て商品を販売し、そのヘッジと称して金投資を始める形だと思っています。
私だったら、日銀が保有しているものを保有して何が悪いんですか?開き直ります。(笑)
木村氏は以前兜町で見かけたことがあるのですが、「クタビレタおっさんだな!」の印象でした。
もしかしたら、闇勢力に操られていただけかもしれませんね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です