必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

代表選とペイオフ実施

テレビで見たのですが、民主党代表選の投票用紙が自民党員の所へ郵送されている例が多く発見されているそうです。
まあカネさえ払えば、党員になるのは簡単でしょうから、自民党員でも民主党の党員名簿に名を連ねるのはできるでしょうが、どうもそのような事ではなく、明らかに入党した覚えの無い、民主党員が大勢いるようなのです。
まあ党員集めではっぱがかかった時、自民党員の名簿の流用でもしたのかもしれませんが、これでは選挙が終わって、どちらが勝っても揉めそうです。
しかも相も変わらずのレベルの低いスキャンダル報道が相次ぎ、泥沼化の様相を呈してきました。
内需関連株に関しては、既に底を打った可能性が高いとは思うのですが、政治が泥沼化するとそれも怪しくなりかねません。
どちらがなるにしても仕事の出来る内閣が出来て欲しいと、切に願う次第ですが、ただ民主党にも既に成し遂げ一つの大きな功績があります。
それは国民や企業が、「政治に頼るのは危ない」という危機意識を強くさせたことです。(笑)
日本の企業はこの自覚さえあれば、結構強いと思っています。(^^)
PS:今日、日本振興銀行が日本初のペイオフを実施します。
これにより、同行に預金された1000万円を超える預金の元本とその利息の一部が、事実上、戦後初めてカットされる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です