必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

金利上昇

国債の利回りが急上昇(価格は下落)しています。
理由は、小沢氏の総裁選出馬表明で、小沢氏が首相になれば、子供手当ての満額支給などで財政悪化が進むと見られたからというのが定説です。
実際、小沢氏の出馬表明するまえの8月25日には0.895%まで下がっていた利回りが、出馬表明を機に、1.110%まで上昇していますから債券の世界なら急上昇という言葉も当たっているでしょう。
しかし、「小沢氏が総理になれば財政悪化が進む」というのは、まあすこし可愛そうな話で、通常なら利回りの上昇は「景気回復期待が出ている」からとも読めるからです。
それでも市場関係者や、マスコミが一斉に「小沢総理=財政悪化」で一致しているのは、小沢氏の強面振りが影響しているとしか思えないのですが、インタビューなどで、記者を叱り付ける小沢氏の態度を見ていればそれもうなずけます。
まあ現実には米国景気の悪化懸念が減速していることが、理由の一つとしてあるのでしょうが、どちらにしても、ここでの金利上昇は注意が必要です。
しかし、国債を売って得た円資金を金融機関はどうやって運用するのでしょうか?
平九郎的には「GOLDじゃ・GOLDじゃ!(^O^)/」と言いたいところですが、それはいくらなんでもマダ早いでしょう。(笑)
さてさて、どちらにしても、早くすっきりして欲しいものですね。(^^)

1 Comment

heikurou

astraさん
お久しぶりです。
日経は明らかにGOLD好きですね。
今回の最大変化はGOLDの流動性の創造だと思えるのですが、まだ商品すら知らない人のほうが多そうです。
実際、単体では儲からない為、金融機関が奨めたい商品ではありませんから、普及するにはやはり取り扱い金融機関が利益を生める積み立て商品の普及が必要なのでしょう。
小沢さんはやはり顔のイメージで損していますね。(笑)
あの悪代官顔で、なければとっくに総理でしょうし、政策論争では管さんより具体的です。
さてさて結果はどうなりますでしょうか。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です