必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

紙が沈んで・・

日銀の臨時政策会議の結果を見澄ましたように、上昇幅を縮小した昨日の日経平均ですが、攻めるマーケットの方からみれば、これで敵は次のタマ込めまで時間があると判断したようで、ドルは再び84円台・NYダウは140ドル安で帰って来ました。
追加対策も、民主党代表選で小沢氏が降りなければ、14日まではなにも出来ない可能性が強いです。
こうなると今回の措置で、株式市場に資金が流れるとも思えず、しかも民主軍の将軍たちは仲間割れを繰り返しており、市場が政策の間隙を突くには持って来いの場面でしょう。
従って今日から民主党の代表戦が終る14日までは為替にとっても株にとっても非常に危険なゾーンと思われ、早めの首相決定が望まれますが、はたして如何なりますでしょうか。
そして円高は円建てのGOLDの下げ要因でもありますから、GOLDもまだ予断を許しません。
しかし、いずれにしても、金融緩和競争が始まるのは間違いなさそうで、最終的にはGOLDが浮かび上がることになると思っており、今日から2週間気の抜けない時間となりそうです。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です