必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

General gold?

ゴールドの世界にトン単位の偽ゴールドが出回り始めているようです。、
掴まされたのはUAEで、損失は2億ドルといいますが、数ヶ月前に国内でも数%ディスカウントするからトン単位で買わないか等の話がプロ投資家にあったと聞いていますから、恐らく同じルートでしょう。
詳細は分かりませんが、比重の似たタングステンを金で包んで、牡丹餅状の金塊にすれば簡単にはバレませんし、大量に成ればなるほど全量の検査がムヅカシクなるため、その盲点を突いたものでしょうが、まあ国際詐欺団の仕業といって良いでしょう。
まあ株でも10年ほど前は現物が出回っていたため、偽物騒ぎは良く有りましたが、偽ゴールドは最近の流行かもしれません。
大体ディスカウントされたゴールドなど、それだけで相当怪しいのですが、手口が新しいと騙されるのでしょう。
今後も恐らく、このような話は沢山出てくると思いますが、個人が騙されやすいのは、骨董価値のあるという「金貨」だと思えます。
なぜなら、金貨にGOLDの価値だけでなく骨董価値を含めると単価が上がり、しかも骨董価値には個人の主観が入りますから、詐欺を立証するのが極めて難しくなるからです。
金塊を国際価格の倍の値段で買わされれば、直ぐ詐欺だと分かりますが、骨董価値のあるナポレオン金貨を国際価格の倍の値段で買ってしまったとしても、金貨が本物であれば販売者の詐欺を立証するのは恐らく無理です。
これは騙す方にとって都合が良いことです。
しかし、今回発見された偽金塊を作ったのはどうも北の将軍様のグループのような気がしてなりません。
なぜなら2億ドル分の偽金塊を作るのはただの詐欺団には難しいと思えるからで、恐らく将軍様と詐欺団のコラボ事業なのだと思えるのです。(笑)
いわばGG(General gold)の疑いですね。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です