必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

大変化

来週初に菅総理と白川日銀総裁の会談があるということで、中央銀行による新たな金融緩和策が期待されています。
このところ、政府による日銀への圧力はますばかりで、新たな金融緩和期待も間違ってはいないと思うのですが、菅首相と白川総裁の二人が会談して、直ぐなにか出ることはないと思っています。
学者肌で気の弱そうな白川さんですが、やはり日銀総裁ですから、政府の圧力に屈したと見える形での金融緩和は出来ないでしょう。
だとすると新たな金融緩和があるとしてももう少し後で、恐らく民主党の代表戦の時期あたりで急速な円高局面でもあった時ではないでしょうか。
無論未来は分からないのですが、どうも出尽くし感がないので、もう一段の円高が残っている気がしていますし、代表選びで民主党が醜態をさらせば、次は国債の格下げに直結しそうです。
白川さんとしては先に金融緩和をして、国債格下げの犯人にされるのは絶対避けたいでしょうし、格下げの後なら、金融緩和の理由は付きます。
まあ現状では妄想に過ぎませんが、こう暑くて、株の動きも少ないと、妄想も強くなるのでしょう。(笑)
ギリシャ国債のドイツ国債との金利格差が8.5%と、再び急落前の状態に迫ってきましたし、アイルランドも次とも怪しまれています。
夏が終わるころ、相場はあたらな局面に入るのと考えていますが、今後数ヶ月の対処の仕方で、その後の投資結果は大きく変わると考えます。(^^)

3 Comments

PBY元気小僧

こんばんは。為替はマネタリーベースの伸び率の差で動くことも多いんですが。  ビッグマックは320円なんで、今の85円はドンピシャなんですが、期間限定で200円になるそうです。じゃあ為替も期間限定で53円台ですか! もしも、そうなったらモノ作りは、ますます海外にですかねー。  そんときゃ平九郎さん中国株に、おいでーおいでー。(笑)

返信する
heikurou

元気小僧さん
まあ製造業の海外移転の波は止まりそうもないですが、今から買うなら中国よりベトナムのほうが面白そうです。
平九郎(^^)

返信する
PBY元気小僧

こんばんは。おっしゃる通りです。割安なものが、すごく少ないです。だれでも解かる成長株はバカ高いし。よって突っ込み買いのみです。ボラが大きいです。  ベトナムはドン切り下げショック時ぐらいまで下げてます。香港でベトナムETFが買えますよ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です