必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

預言の行方

最近純金信託(1540)の板に厚みが出てきました。
1値が5円刻みで1000単位程度の売りは常時有るようになり、1値3000単位の売り物も見られ始め、買いは1値に5000単位入っている値段もあります。(昨日出来高4667)
1単位が3400円程度の1単位売買ですから、1値で1,000単位買えば丁度1kgのGOLDの現物を340万円で買ったのと同じになり、現物金との違いは現物が消費税を含んだ支払いになるの対し、純金信託では金そのものの価格だけになることです。
まあ欲を言えばこの10倍程度の売り買いの指値は欲しいのですが、まずは個人が扱うには困らない程度の売買は出来るようになり、投資対象の金融資産としての資格は確保したといってよいでしょう。
また同時に上場したプラチナ信託は板は薄く(昨日出来高3646)で、純銀信託(同631)や、パラジウム(同31)などは出来高が伴なわず、板も厚みがアリマセンからやはり人気は純金信託に集中していると言ってよいでしょう。
さてこれで日本において金バブルが起きるお膳立ては整ったと思われますが、あとは銀行や郵便局で気楽に純金信託が買えるようになれば、完璧でしょう。
そして幕開けは何時も同じの、格付け機関による国債格付けの引き下げだと思われますが、それも早ければ今週中にもあるかもしれません。
さて平九郎の大預言「日本発の大GOLDバブルが発生する」は無事当たりますでしょうか?(笑)
しかしまだ純金信託買っていないのですよ。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です