必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

緊急速報

今日の午前中に長年保有しているフェイスを部分的に売却しました。
無論今でも売却した株数より保有株数のほうが多いのですが、先日の株主総会において役員退任の事実を、積極的に話そうとしない態度が許せなかったからです。
たしかに5月25日の段階でIRは出ているのですが、創業以来のNO2役員が辞めたのに、株主総会で株主の質問があるまで何も言わないという姿勢はその後、いくら考えても納得できませんでした。
加えてほぼ全ての国の株価指数が下っ放れしている事実が、今回の信用収縮の規模の大きさを感じさせたことにより、現金ポジションのさらなる増加を計ったものです。
しかしながら今後の売買動向は現時点では全く決まっていません。
すぐ買い戻すこともあり得ますし、追加売却をする可能性もあります。

2 Comments

PBY元気小僧

こんばんは。アメリカ住宅優遇措置が切れた瞬間にヒドイ数値が出ましたね。ユーロ圏もそうですが、ここで緊縮財政では、歴史の繰り返しです。日本では、この時期に消費税ですか?どたま狂ってるんでしょうかね。キチンサイクルと違って、住宅サイクルは長いちゅうねん。大恐慌研究家のベンがいるので、もうちょっと違う展開になると思ってたんですが。平九郎さん、中国株やりませんか、おもしろいですよ!

返信する
heikurou

元気小僧さん
まあ時間は早いのですが、ここまでは予想通りといってもよい展開です。
問題はここからの対処の仕方ですね。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です