必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

個別銘柄

昨日のNYダウ平均は145ドル安と、金融規制法案が大詰めを迎えていることからか、相変わらずパッとしない展開です。
そんな中、先ほど終ったデンマーク戦は3対1で日本快勝と、事前の低調予想を覆すものでした。(^O^)/
さてこれでまた来週、寝不足の人間が大量生産されそうですが、これはまあ歓迎できる事です。
歓迎できないのは株安よる寝不足で、昨日のNYが安ければ、今日の東京も再び売り物を集めそうですが、そろそろ銘柄別の動きが出ても良い頃だと感じています。
第一、昨日のNYの下げは金融規制法案成立への懸念との報道がありますが、米金融規制法案が成立することで悪影響を受ける日本企業が、それほど多いとは思えません。
確かに世界経済の先行きに悲観的な平九郎ですが、かといって全ての銘柄に悲観的なわけでもなく、むしろ行き場が狭くなった資金が数少ない成長銘柄に集中する展開を考えています。
したがって、相場的には今しばらく強気で押すつもりです。
さし当たって、昨日引け後第一四半期の決算を発表したイオン・クレジットに注目しているのですが、果たして如何なりますでしょうか。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です