必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

国内の現物拠出型金ETF

とうとう鳩山首相が辞任しまして、昨日の日経は108円安と政局の不安を表したかのようですが、実は辞任会見のあと暫くは株は上昇していました。^^
その後売られはしましたが、まあ首相辞任で下げたというより、海外安に素直に反応したと言う感じです。
またNY市場は225ドル高と大幅に上げていますが、これは住宅指数が良かったことを歓迎したもので鳩山首相の辞任は関係ないでしょう。
さて次の首相が誰になるかは判りませんが、週末には大勢が判明し、来週初には新首相が決まりそうです。
しかしこれで困ったのは本音では落ち目の鳩山首相に続けて欲しかった野党の皆さんで、新首相次第では選挙が難しくなるからです。(笑)
そんななか、ドイツを中心に欧州で金貨が馬鹿売れしているそうで、株式市場でも金ETFの残高が急増し、ETF全体では金換算2000トンに載せてきたそうです。
先物先導の上げと違い、金貨やETFの買いは、購入後は暫くは放置されるのが普通ですから、簡単には下がらない構図が出来つつあり、ブーム化する素地が出来てきたと考えています。
また今夏には三菱UFJ信託が、金現物と交換可能な国内保管の金ETFを出す予定があるそうです。
このETFは金1kgから現物と交換可能予定だといいますから、日本では現物の引き出し不可能なSPDRゴールド・シエアと違い、個人にも扱い易く、実現すれば人気化する可能性は高いです。
これでイヨイヨ平九郎の持論である「日本のGOLDブーム到来」の気配が強くなってきましたね。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です