必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

買います。

先週末のNY市場はスペイン国債の格下げから再度値下がりしましたが、これはまあ相場には既にかなり織り込まていたと思っています。
それでも下げたのは連休の前日であったため、連日の下げで意識が弱気に傾いていた投資家のヘッジ売りが入ったのだと思えます。
しかしながら週末からCDS指数も下げ始めていますし、目先底入れ機運が出てきたのも確かでしょう。
したがって、今週は週末のNYが安い為に月曜日朝が安く始まったら買って行きますが、これはあくまで短期の予定です。
米国に本格的な下げ相場が来るとしたら、やはり秋口だと思っていることから、まだ大丈夫ということで、短期トレーダーなら一度は買ってみるところだと思えます。^^
まあ結果は神のみぞ知るですが、1つだけ言えるのは、値下がりが続き、投資家の悲観が蔓延している時に買うのは、楽観が支配している時に買うのに比べ遥かにリスクが少ないということです。
したがって今日から2週間くらいは反騰相場を頭に描いて相場に対処したいと思っています。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です