必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

終わりの始まり

先日店舗を新築した行きつけの床屋へ行って、耳掃除をして貰っている時、床屋の女将さんと息子さんの話をしました。
女将さんが話すには息子さんは、ある上場企業の工場で働いていて、まだ正社員になれないと嘆いていましたが、家は息子さん名義のローンで建てたそうです。
また息子さんは36歳と言っていましたが、最近新築した店舗兼自宅の名義もローンの名義と同じく息子さんの名前としたようです。
それを聞いたとき正直、若い息子さんの名義にすると、息子さんの収入がなくなったときや、息子さんが借金でも抱えたら恐いなと思いました。
両親の床屋と違い、普通のサラリーマンでは会社を辞めれば、地方では他に働き口を見つけるのは難しいですし、返済が出来なくなれば、立ち退きもありえない話ではないからです。
無論女将さんにそんなことは言わず、「息子さんが正社員になれるといいですね」と言いました。(^^)
ただその後、驚いたのは、女将さんがその後に話したことです。
床屋の女将さんは「息子が、日本は数年たつと財政破綻で無茶苦茶になるから、今は預金しているより、金(GOLD)を買っておいたほうが良いとい言っているがどう思います?」と言われたことです。
無論息子さんが平九郎メモを読んでいるはずもなく、やはり日本でGOLDバブルが起きそうだなと思いました。
平九郎の住む伊豆の国市は人口数万人の小さな地方都市です。
そこの「床屋のご両親を持つ工場勤務の36歳の息子さん」と言うのは、間違いなく、ごく平均的で、普通の人です。
普通の人が動く時、バブルはおきます。
バブルは必ず、普通の人たちを巻き込むものだからです。
女将さんには「消費税の増税があれば、買うとき支払った消費税が増税した金額で戻ってくるので、金貨でも買ったら良いのでは!」と話しましたが、地方では金貨を買うのは結構面倒です。
そこで思ったのが、日本全国支店網が張り巡らされた郵便局で、もし郵便局で投信などの形でもGOLDを扱うようになれば、やはり日本発のGOLDバブルが起きると思ったのです。
ハタシテ、今後郵便局で、GOLDが買えるようになるかは判りませんが、もし買える様になったら、それは世界的GOLDバブルの終わりの始まりでしょう。
これも少し恐い話ですね。(^^)

2 Comments

サクセス

子供店長がずいぶん前から、「純金積み立てコツコツ・・・3千円からコツコツ」とCMしてるくらいですから、既にバブってんじゃないですかね?

返信する
heikurou

子供店長は取り扱い最大手の宣伝費が増えたというだけのことですし、第一30年前の高値1g6495円の半値でしかない状態で、バブルとは言えないでしょう。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です