必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

新バブル

海外の株式市場が大きく下げてきています。
ギリシャに端を欲したユーロ結束の乱れや、米失業率上昇への懸念が高まったようですが、ただ米失業率の発表はこれからですから、こんな時は例え予想通り悪くても目先悪材料出尽くしで、明日は反発する可能性は高いです。
しかし、例え目先反発したとしても、ギリシャ問題の後にはスペインも控えていますし、米国の失業率も、日本の失業率も簡単には解消しませんから、根本的な解決にはなりません。
また今回は、世界中を我が物顔で暴れまわっていた、投資銀行に一定の枠をはめることで、高金利によって全ての投資を潰しに掛かっているわけでもありません。
そんななか、日本の最強企業であるトヨタの問題は外国人投資家に日本株式投資を逡巡させそうで、直近の外人動向は売り越しになってきています。
外国人の動向も裁定残と同じで、一旦動き出すと、同じ方向の動きが続くことが多いです。(と言うより、外国人の売買動向が裁定残高となって表示されている)
オバマ政権誕生の希望の果実であった昨年9-12期決算の数字が出揃い、急落の反動で高かった増益率も来期は伸びません。
しかし、高い失業率や、低い企業利益は低金利継続を保証するものですから、全ての相場にとって悪いとばかり言えるものでもありません。
むしろ新たなバブルの始まるとなる可能性があると思っていますが、それを言うのはまだ早すぎるでしょう。
なにか文章が目茶目茶散漫ですが現状は、まだファンドのレバレッジ縮小過程にあると判断しています。
デ~モ超短期なら今日の押し目はヤッパリ買いたいです。(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です