必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

傍観者

今年の相場も残す所は今日一日ですが、そんな中昨日突然フェイスがストップ高を付けて来ました。
最近は突然の腹痛や、頭痛に襲われるばかりでしたが、持ち株も突然のストップ高です。(笑)
特段のニュースが有った訳でもなく、思い当たるのは昨日のメモに書いた、情報通信文化省の創設構想位ですが、まだ構想の段階であることを思えば、買い上がるのは早すぎるといえるでしょう。
ただ、この構想は以前からあったもののようで、突然飛び出したわけでもないそうです。
しかも民主党に向けられた批判で一番多いのは、「成長戦略が無い!!」と言うものですから、情報通信文化省の設置は批判に対する回答にもなるもので、実現可能性は結構高いのではないでしょうか。
まあ、党実力者の小沢幹事長がネットを理解・推進しているとは思いませんが、ネットを利用した選挙の実現は若手の多い、民主党には歓迎でしょうから、小沢氏が反対に回る理由も特になさそうです。
これ等を総合して、気の早い投資家が同省の設置で一番メリットを受けると思われる銘柄としてフェイスを取り上げたのかも知れません。
しかも年末も押し詰まり、投資家は既に節税に必要な損出しは終っているはずなので、新たな資金はチャート的に動きの良い銘柄に集中しますから、動きのよさから短期トレーダーの資金も集めたようです。
昨日のストップ高の後は、16030株の買いを残しましたが、当然比例配分狙いも多いです。
ただ、長期低迷後の最初のストップ高ですから、チャートの勢い的にはまだ強く、恐らく今日も人気を集めると思っています。
まあ此方はこんな所でストップ高をしようが、売ることを考えることも有りませんから、傍観者に徹していますが、下がるより騰がったほうが気分は良いの決まっています。(笑)
さて2009年残り一日、ノンビリ相場を見てみます。(^.^)

2 Comments

astra

こんばんは。
昨日、今日のフェイスのS高に関してですが、フェイスのHPに掲載された「京都ユビキタス特区」についてのIRが要因ではないでしょうか。
これを事前に察知していたどこかの仕手集団が意図的に株価を下げて8100円前後で買い集めていたような気もしますが、真相は分かりません。
http://www.faith.co.jp/ir/d
もっとも、私も最近毎日少しずつ買い集めていましたが(笑)。
来年から東証の売買システムが更新され、約定速度、呼び値や値幅制限がかなり変わるようですが、どうなりますでしょうか・・・。
ともあれ、とても気分よく新年が迎えられます。
今年もさまざまな貴重なご発言、いろいろと参考にさせていただきました。
ありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

返信する
heikurou

astraさん
お久しぶりです。(^.^)
ご指摘のIRは私も読みましたが、21日に発行されており、発行された直後から見ていても、全く無反応でしたから、影響は少ないと思います。
以前平九郎は、フェイスの事業を「ネットの大海に新規事業というヨットを浮かべて、風が吹くのを待つ戦術だ!」と言いましたが、今回の情報通信文化省の設置こそ、平澤氏の待っていた大風でしょう。
まだ「風が吹くぞ」の掛け声だけですから、効果も限定的でしょうが、例え今回設置が伸びても、何れ風は吹きます。
現状では自走できるほどの力のないフェイスの新規事業群が、ネットの大風に乗り、順風満帆に走り出す日は近いかもしれませんね。(^.^)
此方もなにやら良い初夢が見れそうな気がしてきました。(笑)
来年も宜しくお願いします。
平九郎m(__)m

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です