必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

1200ドル

昨日の日経平均は、日銀が臨時の金融政策決定会合を開くの報道を受け、大幅に上昇して終わりました。
その後発表された政策は元々「ジャブジャブ」の資金供給を「ジャブジャブジャ」にして続けると言うものでした。(笑)
最も政府も追加補正を組む姿勢を明確に打しており、補正の内容が待たれますが、過大な期待は出来ません。
そんな中、、GOLDは続伸してとうとう1200ドルに乗せてきましたが、これも円相場がいまだ高値を覗っている状態では円建て価格では限界があります。
円建てのGOLDの相場が本格上昇を始めるのは、日本の財政赤字が結局悪化の一途を辿ることが誰の目にも明らかになったときですが、それはもう少し時間が掛かるでしょう。
円建てのGOLDの価格がハッキリした上昇を示した時、これは見方を変えればGOLDに対して、円が下落していると言うことです。
GOLDは大昔から質的変化は全くありませんし、量も地下に有るものが地上に出ることはあっても、地球上にある量には変化はありません。
対して、通貨はどうでしょう?
円もドルも異常な勢いで増えていますし、質的にも電子マネー等と明らかに変わって来ています。
変化している通貨と、全く変化していないGOLD!
どちらが動いているかは明白で、動いているのは我々の使う通貨の価値なのです。
ドルも、ユーロも、円も同じバスに乗ってGOLDから離れ始めているのです。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です