必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

始まり

懸念していた週末のNY市場が250ドル余りの下げとなったことから、今週の東京市場も週初から軟調が予想されています。
問題はNY市場の、この下げが何処まで続くかですが、今回はあまり甘く見ない方が良いと思っています。
これは春先の自動車買換え支援のような直接的政策効果が切れ、長期的政策はまだ効果が現れないためで、まあ簡単に言えば麻薬中毒患者の「薬切れ(ヤクギレ)」状態の為です。(笑)
鎮めるには、薬(ヤク)をやればよいのですが、やり続ければ、中毒患者は身体も精神も破壊され、何れは死亡します。
国家も同じで、無理な政策支出を続け過ぎれば、国民は努力しなくなり、国力は衰え、通貨の価値は下落して、最強国家といえどもいずれ破綻します。
その為慎重論も出てはくるのですが、医者が一人で中毒患者が9人の国家は、民主主義をもって政策を決めれば必ず投薬は行われます。
その為、今回も投薬は行われるでしょうが、それにはより多くの患者が苦しむ必要があるのです。
今回のNYダウ平均の下落はその苦しみを引き起こすものになる可能性が強いと思っており、ここは慎重に対処したいと思っています。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です