必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

負け比べ

先日予算が90兆円を上回ると書いたのですが、概算要求の数字は90兆を遥かに上回り、95兆円を越えてきました。
しかも予算規模を明示しない、項目要求が多数あり、それらを含めれば軽く100兆円を越えると言われています。
これに対し、税収は40兆円を切る可能性が強く、財政赤字額は50兆を越え、60兆に迫ることになりそうです。
しかし元々借金を増やしたのは自民党政権ですし、米国でも円換算で130兆円(1兆4171億ドル)と巨額の財政赤字を抱えていますから、これだけで民主党政権を責めるのは酷と言うものでしょう。
問題は、母屋(本予算)がお粥をすすっている時に離れ(特別会計)ではすき焼きを食べていると言われた離れのすき焼き(特別会計の207兆円)からどれだけの肉(予算)をもらえるかです。
確かに無駄の目立つ特別会計からなら、相当な予算を捻りだすことは可能でしょうから、民主党の支持率がまだ落ちないのも理解できます。
しかし、特別会計から予算を搾り出すには相当の法改正が必要なようで、来年の参議院選に勝つことを前提にしても年単位の時間がかかるでしょうから、当面は赤字が膨らむだけでしょうし、政治的混乱も続くでしょう。
急速に膨れ上がる財政赤字を目の当たりにして、国民や投資家は何を考えるでしょうか?
それでも日本の円が一番強い通貨だと思い続けられるとは思えないのです。
通貨はどちらが強いかではなく、どちらがより弱いかの「負け比べ」の時代に入ると思っています。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です