必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

10000ドル回復

NYダウ平均が10000ドルを回復し、米国相場は堅調に推移していますが、ここまでは予定通りで、さてこれからが問題です。
果たして持続的上昇を果たせるかですが、やはり無理だと思っています。
従って、東京市場での投資意欲も余り無く、暫くはノンビリ行方を見守るつもりですが、問題なのはGOLDで、具体的には追加で買い増ししたSPDR ゴールド シェアをどうするかです。
なぜなら以前書いたように現状のGOLDは短期の資金によって支えられており、一般市民を巻き込んだブームが起きるにはまだ時間が掛かると思っているからです。
その為、NY株式の大幅下落があれば、GOLDも一度は株と一緒に下がると思っています。
シナリオとしては、『不況が税収の減少をもたらし、対策としての赤字国債の大量発行がインフレ懸念を醸成する』と考えられるのですが、既に鳩山総理は赤字国債容認の姿勢を打ち出し始めていますから、遠からず実現するでしょう。
そこで初めてインフレ経験世代である「団塊の世代」中心にGOLD投資がブーム化すると思っているのですが、やはりまだ暫く先の話です。
従って上げ足の早いGOLDは短期的には売り場の可能性があり、前回買い増しした分だけは売却しました。
ただこれはあくまで短期の話であり、長期的にはブーム化が始まってもいない状態だと思っていますから、基本的な数量の保有は続けますし、下がればまた買い増しします。
さてさて如何なりますでしょうか?(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です