必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

だれが??

昨日金ETF(1326)を買い増ししてみましたが、今後の焦点は当然このまま1000ドル以上を保てるか否かです。
最近の急騰で、行き過ぎの見方もあり、調整を考えるのが普通だからですが、本日の日経商品欄での報道によれば、直近の買手は先物を使った大口投資家といいます。
増えたのは1週間前に比べて買建て玉で22%増、数量換算で700トンと言いいますから、ほぼ日本一国の政府保有量(765トン)に匹敵する量です。 
これは円ベースの金額なら2兆円を越えますから、いかに先物の想定元本とはいえ、半端な金額ではありません。
ソロスやバフェットクラスが動いているのかもしれませんが、金の現在価格で計算した時価総額はだいたい470兆円程ありますから、いかに大物投資家でも周囲を巻き込まないでこれ以上相場を動かすのは容易ではないでしょう。
しかし、まあ大物投資家と言うのは影響力がありますから、自分のポジションが完了したら、今度は周囲を巻き込んできますし、普通の人が知らない事実があったとしてもそろそろ明らかになる頃でしょう。
遅くとも秋の連休が終る頃には、なぜ大口投資家が先物を使って日本政府保有量に匹敵するGOLDを大量購入したのかが分かるだろうと思っていますが、なにやらきな臭い話です。
リーマンショックから今日で丁度一年、金融規制強化の動きが投機資金をGOLDに追いやっているのかもしれませんが、まあ暫くは見守ってみます。
なにやらインサイダー取引のような話ですが、物が金では適用は受けないでしょうし、第一ダレが取り締まるのでしょう?? (・・?!んっ??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です