必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

新高値

昨日一時GOLDの価格が1000ドルの大台を超え、新高値である1009ドルまで踊りでました。
(修正:最高値→新高値)
その後売り物に押され、現在は再び1000ドル以下で推移していますが、やはりなにかおかしいです。
それは新高値を更新したにも係わらず、まるでマーケットの熱気が感じられないのです。
これは少し前の原油相場が147ドルを付けたときを思い出してもらえば分かると思うのですが、当時天井圏にも係わらず、大部分の人が依然上昇すると考え、田舎にいてもマスコミを通じて原油市場の熱気を強く感じたものです。
ところが今回それを全く感じないのです。
もともと、日本に措けるGOLDの最高値は1980年9月のイランイラク戦争勃発で付けた6495円ですから、現在の価格はドルでは新高値といっても円ベースでは高値の半値でしかありません。
それなら当然なのかとも思いますが、それにしても奇妙な静けさで、どうも極東の温泉町の住人では知りえない巨大な何かが起きている気がしています。
以前も書きましたが超多忙のオバマ大統領が、1週間しかない休暇中に予定を変更して4ヶ月先のFRB議長人事を発表するというのはどう見ても異常です。
やはり次期FRB議長を早めに決定しなくてはならない緊急の必要性があったと見るべきで、それが結果として今回のGOLD価格に反映しているのだと思えるのです。
もしそうだとすれば近い将来それは明るみにでて、極東の温泉街暮らしの人間にも分かる事になるでしょうが、そのとき相場は大きく荒れそうです。
考えすぎなら良いのですが、どうも胸騒ぎがすることもありキャシュポジションをもう一段上げようと考えています。(^.^)

2 Comments

PBY元気小僧

こんばんは。ご無沙汰してます。いま日本小型株と中国株に参戦してます。オイルも70ドルあたりを行ったり来たりで景気は大丈夫かいなと心配です。  金に関しては、バックに中国がいるのがバレタみたいです。世界のじゃぶじゃぶの投機資金が、それを知って押し目は買い安心と、やってるみたいです。中国は日本海で日本の油田からもオイルをかすめ取ってるぐらいなもんで自分とこが良ければそれでいいんです(偉そうなことは言えません、僕はその海洋石油で少しだけですが儲けました)。中国は100年の危機でも、いままでの日本のように(ドル国債協調買い)優等生ではありません。ドル国債の代わりに、金を含めたレアメタルの独占を企んでます。オーストラリアで操業してるリオテントに出資しようとしたり、アフリカに出向いたり、、、、、。     アメリカ相場に弱気なのは僕もおんなじです。不良債権、失業率、不動産下落、オルトAやプライムローンの延滞増加、、数えればきりがないほど問題山積ですね。巻き添えはカンベンしてほしいです。

返信する
heikurou

元気小僧さん
お元気そうでなによりです。^^
平九郎ファンド始まって以来のキャッシュポジションを抱え、なにやら居心地が悪いです。(笑)
ただ次の下げが起きれば最後の下げの判断で、後はカンカンの強気に成るかもしれません。
何れにしても価値あるものを安く買えるなら下げもまたよしです。(^.^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です