必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

先取り情報

長かった鯨幕相場も昨日の2日連続安でようやく終わり、新しい相場の幕開けが期待されるなかいよいよ明日は9月のFUJIYAMAです。^^
白黒の鯨幕は葬式に用いられる事が多いことから、鯨幕相場を縁起が悪いと考える人もいるようなのですが、鯨幕は本来慶事にも使用されるそうで、皇室でも使用するといいます。
そのためか、昨日の平九郎ファンドは極めて好調で、今日は相場が始まるのが待ち遠しい位です。^^
特に昨日はジュピターが好調だったのですが、これは15日頃発売される四季報秋号に掲載される来期予想が増額修正されたからです。
「四季報秋号はまだ出ていない」と言うのは最もなのですが、そこはやはり一民間会社の「予想」ですから、発売前に一部を流す事で自社の収益向上を図っているのです。
今回の情報は平九郎の使っている、SBI証券のマーケットスピードと言う情報端末に流されたものを見たのですが、情報が流れた直後から明らかに動きが良くなりました。
あと部分的とは言え纏まった形で流されるのは、「オール投資」で「四季報先取り」と言う形で四季報発売の1週間位前に発売されます。
これもオール投資が四季報と同じ「東洋経済社」から発売されている事から、直ぐ納得が行くでしょう。
なにかチョットズルイ様な気がしますが、民間会社の予想ではどのように出すのも自由のようです。
まあ折角高いシェアを押さえているのですから正確な予想をお願いしたいものです。(^.^)
お前もな!(ーー;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です