必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

終わりと始まり

日経平均は昨日大幅安だったものの結局、高、安、交互の鯨幕相場は14日連続したことになり、記録であった12日連続を抜き過去最長を更新中です。^^
こういった揉み合いで繰り返した高安の連続が途切れる時、相場は大きく動くものですが、いよいよその時が近づいたのかもしれません。
昨日の大幅安の原因は円高と金融規制強化へ警戒感と言われていますが為替は兎も角、金融規制の強化方向はもう変わる事はないでしょう。
しかも時間が経つにつれ、簡単に解決できない失業率の上昇が景気と、財政への深刻な負担となって圧し掛かってきますし、政権与党の最大実力者小沢一郎氏は、証券課税強化の方向ですから、先が明るいとはいえません。
まあ唯一の救いはベン・バーナンキ率いる米FRBが金融をジャブジャブにしてくれていることで、投資資金には余剰感があり、実態経済が悪化する中で、マーケットは新たな資金の行き先を探し始めているのでしょう。
そんな中、鯨幕相場と同じような持ち合いの象徴ともいえる「三角持ち合い」を離れてきたものがあります。
それはドル建ての金相場ですが、数日前からリースレートに底打ち感が出ていただけに今回1000ドルを抜いてくるかもしれません。
金が動く時、相場は荒れますが、今回もリースレートに注意しながら、注意深く見守って行こうと思っています。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です